ハワイ旅行

ハワイの移動手段おすすめ5選!空港からホノルルのホテルまでと島内移動に最適

ハワイ移動手段

ひなだいふく
ひなだいふく
こんにちは、ひなだいふく(@hinadaifuku_travel)です!

2022年7月1日に初のハワイ旅行に行ってきました!

ハワイに到着して、まずは空港からホテルに移動する方が多いですよね。

また、ハワイでの移動手段ってどんな方法があるの?と思っている方向けに

ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港に到着してからホテルまでの移動方法や、ハワイ滞在中の移動におすすめの方法について詳しく紹介していきます!

ダニエル・K・イノウエ国際空港到着〜ワイキキ市内のホテルまでの移動

私たちがハワイに向けて乗った飛行機は、7月1日のフライングホヌ運航再開初便

初便だからか、到着するとハワイ現地の方からのフラダンスや音楽でお出迎え♪

無料でレイの首飾りもかけてくれました〜!

チャーリーズタクシー(Charley’s Taxi)

今回ホテルまで利用したのはチャーリーズタクシー(Charley’s Taxi)

チャーリーズタクシーはダニエル・K・イノウエ国際空港〜ワイキキ市内のホテルまで一律31ドル+ドライバーへのチップ・4.712%のハワイ州税・空港発の場合は7%の旅行税がかかります。

ワイキキ市内へのホテルに行くなら、チップ込みで大体40ドルくらい。

タクシーを呼ぶより安く乗れるのがメリット!

ただ、定額料金でもメーターを動かすことが法律上義務付けてあり。

到着した時のメーター料金が40ドルになっているのを見て、我が家は定額制のことを忘れて結果的にチップ込み50ドル支払いました。

ひな
ひな
これはちょっと払いすぎたかも。。。

空港→各行き先にかかる定額費用

  • ワイキキ:31ドル
  • アウラニ: 66 ドル
  • ハワイ大学マノア校:31ドル
  • カカアコ:25ドル
  • ダウンタウン:20ドル
  • タートルベイ・リゾート:130ドル <期間限定>

チャーリーズタクシーはダニエル・K・イノウエ国際空港に到着したら、電話をかけてタクシーを呼びます。

SMSメッセンジャーでも対応可能。

立体駐車場の1階がチャーリーズタクシーのピックアップ場所になります。

チャーリーズタクシーを予約する

HISのLeaLea混載タクシー

(画像出典:LeaLeaタクシー

HISのLeaLea混載タクシーなら、混載車だけど日本語対応で安く利用できるタクシー。

3日前までキャンセル無料。

1人2つまでスーツケースが無料で預けられます!

エリアはワイキキ内のホテルのみ。ザ・カハラやニューオータニ・カイマナ・ビーチホテルは対象外です。

送迎可能なホテルは予約サイトにホテルリストが載っているので確認しておきましょう。

ダニエル・K・イノウエ国際空港に到着したら、国際線空港団体出口を出たLeaLeaカウンターでチェックイン。

タクシードライバーは日本語ができるとは限りませんが、LeaLeaカウンターは日本語対応可能。

チャーリーズタクシーのように電話で呼んだり、着いた後の支払い金額に迷うこともありません。

4人ならチャーリーズタクシーの方がお得ですが、2人ならHISのLeaLea混載タクシーの方が安く乗れます。

往復予約なら更にお得!

  • 1人:2,470円(人数に応じて金額倍増)
  • 往復料金:4,800円

HISのLeaLeaタクシーを予約する

今なら当サイト限定クーポンコードで5%オフ

クーポンコード:WBADBT(1人2回まで)

混載車ではなく貸切が良い!という場合は、貸切チャーター送迎プランもあります。

貸切チャーター送迎

(画像出典:KKdayの貸切チャーター送迎プラン

KKdayの貸切チャーター送迎プランでは、セダン3名+荷物3つ or ミニバン5名+荷物5つのプランから選べる貸切プラン。

ダニエル・K・イノウエ国際空港からワイキキ地区のホテルまで送迎してくれます。

ホテルから空港への送迎もOK!

対象範囲もかなり広く、『ホノルル・ワイキキ・クリオウオウ・ハワイ・カイ』エリアなので、ザ・カハラ・ホテル & リゾートに宿泊の方でも利用できます。

ハワイは法律で8歳未満の子供が車に乗車する場合、ベビーシート / チャイルドシートの使用が義務付けられています。

ベビーシート・チャイルドシートが必要な場合はKKdayのカスタマーサービスに連絡して、専用プランの申し込みを。

ダニエル・K・イノウエ国際空港に到着すると、スタッフが予約者の名前と「KKday」と書かれたプレートを持って待ってくれています!

  • セダン3名+荷物3つプラン:8,039円
  • ミニバン5名+荷物5つプラン:17,324円

ひな
ひな
ネームプレート持ってのお出迎えって憧れる!

貸切チャーター送迎プランを予約する

今なら当サイト限定クーポンコードで5%オフ

クーポンコード:WBADBT(1人2回まで)

ハワイ滞在中に便利な移動手段

ハワイ

ハワイ滞在中(主にワイキキ)での移動にオススメの方法も紹介していきます!

ひな
ひな
ワイキキ自体はそこまで広く無いので歩くのも楽しい

The Bus

オアフ島内を走るハワイの市バスで、どこまで乗っても一律3ドル

Holoカードと呼ばれるICカードにチャージして乗ることもできます!

ホロカード新規作成に2ドルかかるので、ハワイ滞在中に1〜2回しか乗らない場合は現金の方が安いかも。

何回もThe Busに乗る可能性があるなら、Holoカードの方がお得!

Holoカード乗車の場合
  • 2回目の乗り換えが1回目乗車時間から2時間30分以内なら追加料金不要
  • 1日に3回以上乗る場合は3.75ドルで乗り放題

ただし、The Busは膝の上に乗らない荷物の持ち込みは禁止

ハワイ滞在中に利用するのにはオススメですが、ほとんどの場合大きなスーツケースを持ってきていると思うので、空港からワイキキ市内への利用には向きません。

リュック1つでハワイに来ている!とかなら、最安値でワイキキまで向かうことができます。

だいふく
だいふく
安く移動するならThe Bus!

JCBカード提示で無料!トロリーバスのピンクライン

オレンジ色のバスだけどピンクライン。

バスにもデカデカと広告が貼られているように、JCBカード提示でトロリーバスのピンクラインが無料で乗車できます!

トロリーバスはピンクラインの他にブルーライン・レッドラウンなどがありますが、無料になるのはピンクラインのみなのでご注意。

ピンクラインはワイキキショッピングプラザ(旧Tギャラリア)〜アラモアナセンターまでと主にワイキキ主要スポットを走ってくれるので、タイミングがあえば移動に重宝できるバス。

だいふく
だいふく
我が家も何回もお世話になりました!

20分間隔で運行しており、10:00始発の20:20最終。

ピンクラインが運行していない時間や、「さっきピンクライン行っちゃったばっかり!」なんて時はThe Busを利用していました。

LeaLeaトロリー路線情報にて、停留所の情報や次の停留所までの所要時間、それから他のトロリーバスの情報なども確認できます。

ハワイはピンクライン以外にもJCBカードを持っているだけでもらえるクーポンや特典が盛りだくさん!

ぜひハワイに行く前にJCBカードを作っておきましょう♪

JCBカードでおすすめはJCB CARD W

年会費無料で作れるJCBカードで、高還元率で人気のクレジットカード。

JCB CARD Wについて詳しく知りたい方は『【高還元率】JCB CARD Wの魅力7選!特典や口コミ・Plus Lとの違いも紹介』をぜひ読んでみてください!

JCB CARD Wサムネ
【高還元率】JCB CARD Wの魅力7選!特典や口コミ・Plus Lとの違いも紹介 「年会費永年無料」「ポイント還元率が高い」 そんなクレジットカードを探している方におすすめなのが、『JCB CARD W』 ...

ハワイの移動手段おすすめまとめ

ダニエル・K・イノウエ国際空港〜ワイキキ市内のホテルの移動手段におすすめの方法はこちら!

ハワイ現地に着いて電話でタクシーを呼ぶのが苦じゃない方は、チャーリーズタクシーが安くて定額制なのでおすすめ!

英語で電話をするのはちょっと…という方は、HISのLeaLea混載タクシー。

空港着いてタクシー乗車の受付の際に日本語でやりとり出来るのが安心です。

ワイキキから離れたハワイ・カイやクリオウオウエリアのホテルに泊まっているという方は貸切チャーター送迎がベスト。

だいふく
だいふく
クリオウオウエリアにはザ・カハラ・ホテル&リゾートがあるよ!

ハワイ滞在中の島内移動におすすめの方法はこちら!

  • The Bus
  • トロリーバスのピンクライン

ワイキキエリアくらいなら歩けますが、暑い日差しの中歩くのは大変!という時にバスで移動できるのはとっても快適。

トロリーバスのピンクラインはワイキキエリアが中心ですが、それ以外の場所に観光するならThe Busが大活躍。

アプリ『Da Bus2』をダウンロードしておくと、The Busの時刻表やバスの停留所が確認できて便利です。

DaBus2 - The Oahu Bus App
DaBus2 – The Oahu Bus App
開発元:City and County of Honolulu
無料
posted withアプリーチ

トロリーバスはピンクラインの他にブルーライン・グリーンライン・レッドラインがあります。

それぞれのトロリーバスが走る路線図の確認はこちら

JCBカードを持っていて無料で乗れるトロリーはピンクラインのみ

ひな
ひな
ハワイに行くならJCBカードは必ず持っておいてね

ハワイの観光・移動手段をお得にして旅行を楽しみましょう!

ABOUT ME
ひなだいふく
ひな(嫁)だいふく(旦那)と言います! 旅行が大好き♪ 月イチ国内旅行、年に3回海外旅行に行く夫婦がおすすめするお得な旅行情報ブログです! ブログ、SNS更新はひなが担当。 YouTubeもアップしてるので見てください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください