クルーズ旅行

【クルーズ初心者必読】乗船前に知っておきたいクルーズ旅行の注意点!

クルーズ旅行の注意点
ひなだいふく
ひなだいふく
こんにちは、クルーズ大好きなひなだいふく(@hinadaifuku30)です!

クルーズ旅行は普通の旅行と違うところがたくさんあります。

特にクルーズ初心者が「知らなかった!」「満喫しきれなかった!」と思うことがないように、クルーズ乗船前に知っておきたい注意点をまとめました。

クルーズ旅行中にありがちなトラブルや注意事項を紹介します!

「初めてクルーズに乗ろうかな」と思っている方は、ぜひ「クルーズ乗船前に知っておこう!クルーズのメリット・デメリットを紹介」も読んでみてください♪

クルーズ旅行のメリット・デメリット
クルーズ乗船前に知っておこう!クルーズのメリット・デメリットを紹介クルーズ旅行がテレビでも取り上げられるようになり、世間的に話題になってきました。クルーズ旅行は意外と安いのです! 「クルーズ旅行気になるけど、どんな内容何だろう?」乗船前に知っておくべき、クルーズのメリットとデメリットを紹介しています。...

JTBでクルーズを見てみる

外国籍のクルーズは海外旅行と同じ

クルーズは海外旅行と同じ

外国籍クルーズのクルーズ旅行は、日本発着の船であっても海外旅行と同じ。

海外旅行では、空港で出国審査を行いますよね。

クルーズでも同じように出国審査をして乗船になります。

クルーズには多くの乗客が乗船するため、出国審査やチェックインに何時間もかかることも・・・。

基本的にはクルーズ側から「あなたは何時頃に来てね」と連絡があり、チェックインの時間をズラすことで混雑緩和に努めています。

クルーズはあくまで船の上だということを忘れない

クルーズ上

どんなに巨大なクルーズでも、どんなに豪華なクルーズでも、そこは船の上。

できることに限りはあります。

クルー達はできるだけ乗船客が気持ちよく過ごせるようにサービスをしてくれますが、それでも至らないことだってあります。

クルーズの上では、心を広く持ち、怒らないようにしましょう

クルーズ旅行初日から、クルーに怒鳴り込んでるお客さんもいるんです。

サービスが至らないと不満を言うご高齢方も多いんです。

でも、それでより気分が悪くなるのは自分じゃないでしょうか?

クルーには「あの人厄介なお客さん」として見られるし、初日から不貞腐れてせっかくのクルーズを楽しめないなんて、そんな勿体無いことありません。

少々トラブルがあろうが、進行が悪かろうが、クルーズの上くらい急がずにゆっくり楽しみましょう。

ひなだいふく
ひなだいふく
小さなことで文句言うより、クルーと仲良くなった方がよっぽど良いサービスしてもらえます(経験済み)

パスポートの有効期限に注意

パスポート

外国籍のクルーズの場合、日本発着の日本周遊クルーズだとしても、必ず1ヶ所は海外を経由します。

つまり、外国籍のクルーズに乗船する場合はパスポートが必ず必要!

日本船クルーズ(ぱしふぃっくびいなす・飛鳥Ⅱ・にっぽん丸)の日本国内クルーズのみ、パスポートは不要

そして注意しなければいけないのが、パスポートの有効期限。

クルーズは基本的にパスポートの有効期限が下船日から6ヶ月以上が必要です。

だいふく
だいふく
乗船日じゃないですよ、下船日です!

寄港地によってはビザが必要な場合も。

そのビザ取得やパスポート取得は自分でする必要があるので、準備はお早めに!

「パスポートの有効期限がまだまだあるから大丈夫〜と思っていたら、有効期限6ヶ月を切っていた!」なんてことにならないように、必ずパスポートの有効期限は確認してください。

料金プランに港湾税・政府諸税・チップ代が含まれているか確認

チェック

クルーズ旅行にはクルーズ代の他に港湾税・政府諸税・チップ代が必要です。

  • 港湾税とは飛行機で言うなら空港利用税のようなもの
  • 政府諸税とは入出国手続きに関する税
  • チップはクルーに渡すチップ

チップ代とはその名の通りチップなのですが、クルーズ旅行では1回ごとのサービスにチップを支払うのではなく、事前にまとめてチップを払っておくと言う定額制システムを取っています。

ひなだいふく
ひなだいふく
それでも私たちは嬉しいサービスしてもらったそのクルーにチップ払ってるけどね!

クルーズのプランを探している中で「あ!安い!」と思っても「別途港湾税・諸税がかかります」とか書いてあることも。

その場合は大体プラス1〜2万円くらい上乗せされると思っておいた方が良いです。

クルーズのプランを見るときは「港湾税・政府諸税・チップ代」が含まれているかチェックしましょう!

クルーズはキャンセル料の発生が早い

キャンセル

国内のホテルの予約なら、3日前までキャンセル料無料のところも多いですよね。

でもクルーズのキャンセル料が発生するのはおよそ90日前

値段が安いプランほど予約した瞬間からキャンセル料が発生するクルーズもあります。

先のことはなかなかスケジュールが分からないかもしれませんが、この期間は何が何でも空ける!という意志を持って予約しましょう。

クルーズ乗船中の注意点

クルーズに乗船したあとにも、気をつけるべき注意点があります。

「避難訓練」「船酔い」「持ち込み禁止の物」「喫煙」などなど。

クルーズ乗船日の避難訓練は参加必須!

避難訓練

クルーズ乗船後24時間以内に、ボートドリル(避難訓練)が行われなす。

この避難訓練は国際法で全員の参加が義務付けられており、もし1人でも避難訓練に参加していない人がいると船は出航できません。

ひな
ひな
「避難訓練の参加を知らなかった」で、乗客全員に迷惑がかかることに・・・!

クルーズにチェックインし客室に入ったら、まず緊急時に集合する場所と避難経路を確認しておきましょう。

コスタフォーチュナ 避難出口一覧

必ず部屋の内側扉に、緊急時の集合場所が表示されています。

ライフジャケットを着るとかげ

客室に救命胴衣が用意されているので、この救命胴衣にも集合場所が書いてあります

ひな
ひな
緊急時は『D』エリアに集合してね!という意味です
避難訓練の内容
  1. 船内放送で避難訓練の案内と警笛が鳴ったら、すぐに客室に戻りましょう!
  2. 船内放送の指示に従い、指定の集合場所に集まります
  3. 集合場所でクルーズ緊急事態時の説明を受けます

クルーズによっては救命胴衣を着用せずに避難訓練の集合場所に集まる、というものもありました。

コスタフォーチュナ→客室に救命胴衣

オアシスオブザシーズ→集合場所で救命胴衣を配布

私たちがクルーズに乗船した時、「アナウンスの意味がわからず避難訓練に参加できなかった」という日本人の方に会いました。

夜に避難訓練参加できなかった人用にもう一度避難訓練の時間が設けられていたので、「避難訓練は絶対必要で、参加しないと船が出航しない」ということを伝え、無事参加できたようです。

もし、クルーズに乗船していて英語が分からない場合でも、警笛が必ず鳴ります!

警笛が鳴ったら避難訓練の合図なので、必ず避難訓練は参加してください!

クルーズは意外と揺れるので船酔い注意

船酔い

どのクルーズも「フィン・スタビライザー」と呼ばれる横揺れをコンピューターが制御する装置が付いており、船が揺れない仕組みになっています。

が、

クルーズって、意外と揺れます

もちろん海域や天候にもよるんですが、海が荒れているときは世界最大級のアミューズメント客船オアシスオブザシーズですら揺れを感じました。

と言っても、上下に揺れるって言うよりは「あ、なんかめまいがする・・・これ船が揺れてるのか・・・」って感じ。

ひな
ひな
私は結構船酔いしました

クルーズによっては酔い止めが無料でもらえるので、気分が悪くなったら医務室に行きましょう。

ひな
ひな
船酔いしたら無理せず部屋で休むことも大事ですよ!

クルーズは先端が揺れやすいので、客室を選ぶときは船の真ん中の部屋を選ぶのおすすめ。

クルーズの客室の選び方は「クルーズ客室おすすめ選び方!客室の位置は?」でも詳しく紹介しています。

クルーズ客室のおすすめ選び方
クルーズ客室おすすめ選び方!客室の位置は?【オアシスオブザシーズ】クルーズで一番料金が変わるところと言えば、客室のグレート! どの部屋を選んだら良いんだろう?というクルーズ初心者の方向けに、部屋の特徴や選び方を紹介しています!...

また、クルーズでは食べ過ぎに注意!

ほとんどのクルーズでは24時間好きなものが食べ放題になっているので、ついつい欲張って食べ過ぎてしまうことも・・・。

食べ過ぎによって胃に負担がかかり、普段乗り物酔いしない人でも酔ってしまうこともあります。

クルーズに持ち込み禁止の持ち物

持ち込み禁止

クルーズには食料・飲料は持ち込み禁止のところが多く、特にアルコールは原則持ち込み禁止です!

ただ、「寄港地でどうしても現地のワインを購入したい!」という場合もありますよね。

アルコールを購入して持ち込みたい場合、クルーズによっては数量限定で船側で預かり、下船の時に返却となるパターンもあります。

持ち込み禁止のクルーズだと禁止物はそのまま破棄されます

船会社によってルールは異なるので、アルコールを持ち込めるかどうかは必ず乗船するクルーズにて確認しましょう。

だいふく
だいふく
乗船時に荷物チェックがあるので、こっそり持ち込むということはできません!

また船内火災防止のため、ドライヤーや湯沸かし器など熱を発する機器の持ち込みは禁止です!

ひな
ひな
クルーズのドライヤーは風量が弱いから自分のドライヤー使いたくなるけど、我慢我慢・・・

クルーズ内は原則禁煙!

禁煙

クルーズ内は客室・バルコニー・レストラン・バーなどでもタバコを吸うことができません。

一部喫煙可能なエリアが設けられている場合もありますが、指定場所以外で喫煙した場合、罰金が取られます!

ひな
ひな
タバコは火事の元だから気をつけて!

寄港地が欠航や抜港になっても返金されない

寄港地観光

クルーズでは船長が毎日安全な航路を設定して運行しており、台風やハリケーンが近づき天候が荒れている場合は、臨機応変でもっとも安全なルートを通ります。

結果的に、船長の判断で欠航や抜港(寄る予定だった港を飛ばす)することもあります。

ひな
ひな
寄港地観光の計画を立てていたり、現地のレストランの予約をしていたとしたら残念ですよね

でも、安全にその海域を渡りきることの方が大事なんです。

抜港に関しては利用規約にも書いてあり、必ず乗船前にサインをしています。

欠航・抜港になって寄港地観光ができなかったとしても、旅費は戻ってきません!

同意してサインしている以上「金返せ!」なんて言っちゃダメですよ。

寄港地観光中は最終乗船時間に注意

最終乗船時間に注意

クルーズには出航時間と最終乗船時間があります。

出航時間・・・クルーズが港を出発する時間

最終乗船時間・・・クルーズに戻ってこれる最終時間

これを勘違いして、「出航時間までに戻って来たら良いや〜」と思っていたら大変なことに。

最終乗船時間を1分でも過ぎるとクルーズに乗れません!

寄港地観光で注意すべきなのが、現地での渋滞や電車の遅延。

基本的には、最終乗船時間の1時間前には戻ってこれるスケジュールにしておきましょう。

だいふく
だいふく
万が一渋滞や遅延があっても焦らなくて良いスケジュールがおすすめ!

クルーズ内で申し込むクルーズの寄港地観光ツアーの場合は例外

クルーズの寄港地観光ツアーなら、どれだけ遅れたとしてもクルーズは待っていてくれます。

個人観光
個人で寄港地観光のメリット
  • 料金が安い
  • 時間に融通が効く
  • 自分の好きに観光できる
個人で寄港地観光のデメリット
  • 観光地は自分で調べる必要がある
  • 最終乗船時間に間に合わなかったら置いていかれる

私たちは毎回「個人で寄港地観光」にしています。

料金も安いし、好きなところに行ける方が楽しい♪

ひな
ひな
何より私たちは団体行動が苦手・・・!
海外現地ツアー【VELTRA(ベルトラ)】なら、寄港地観光におすすめの格安ツアーが申し込めます!
icon

ツアーによっては体験談の投稿でツアー代金が全額返金になるモニターツアーもありますし、グループ割、家族割などの割引も豊富!

ひなだいふく
ひなだいふく
私たちはいつもVELTRA(ベルトラ)を使ってます!
団体ツアー
icon
クルーズの寄港地観光ツアーのメリット
  • ツアーガイドがいる
  • 自分で観光地を調べる必要がない
  • クルーズに置いていかれる心配がない
クルーズの寄港地観光ツアーのデメリット
  • 料金が高い
  • 他の観光客との団体行動
  • 寄港地のレストランが基本美味しくない

自分で観光地を調べるのは面倒だけど、『ザ・観光地!』は行ってみたいという人は、クルーズの寄港地観光ツアーがおすすめ。

ツアーによっては日本語ガイドさんがいる場合もあり、英語が分からないし・・・という人も安心です。

ただ、なぜかツアーで行くレストランは美味しくないお店が多い・・・。

ひな
ひな
せっかくの海外旅行なのに、自分で好きにレストランに入れないのは悲しい

観光地向けのレストランより、地元の人が通うお店の方が美味しいかなと思います。

だいふく
だいふく
ガイドブックに載ってるお店も良いけどね!

 

私たちはクルーズの寄港地観光ツアーは使ったことがありません。

唯一、プーケットでは渋滞情報も分からなければ停舶港が直前まで分からなかったので、個人で行くかツアーを使うか迷いました。

クルーズの寄港地観光ツアーを使う最大のメリット「クルーズに置いていかれないこと」だと思ってます。

ひなだいふく
ひなだいふく
どうしても心配な人はツアーを使ってみてください

クルーズ乗船前に注意点を知っておくだけで快適にクルーズが過ごせる

クルーズ

初めてのクルーズ旅行では、知らないことも戸惑うことも多いですよね。

基本的には「怒らない」「不満を言わない」というのが1番大事じゃないかなって思ってます!

クルーと仲良くなればこっちのもの。

クルーズ内は海外だということを忘れずに、準備もしっかりしてクルーズ旅行を楽しみましょう♪

クルーズ旅行の持ち物は「クルーズ旅行におすすめの持ち物紹介!必須・持っていけば良かった物」の記事で詳しく紹介しています!

パスポート
クルーズ旅行におすすめの持ち物紹介!必須・持っていけば良かった物クルーズ旅行に必要な持ち物をまとめました! 私たちが実際に買って持って行ったものを紹介しています。 クルーズ旅行に必須の持ち物、持っていけば良かった持ち物など。...
\気になったらクルーズをチェック!/
JTBでクルーズを見てみる
ひなだいふく
ひなだいふく
それでは♪

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ABOUT ME
ひなだいふく
ひな(嫁)だいふく(旦那)と言います! 旅行が大好き♪ 月イチ国内旅行、年に3回海外旅行に行く夫婦がおすすめするお得な旅行情報ブログです! ブログ、SNS更新はひなが担当。 YouTubeもアップしてるので見てください♪
こちらの記事もおすすめ
クルーズ旅行の基礎知識 クルーズ旅行

初めてのクルーズ旅行に知っておきたい基礎知識!予約方法・持ち物・服装・おすすめクルーズも紹介

2019年8月28日
ひなだいふく旅ブログ
「クルーズ旅行」と聞くと、高価な旅行で一般庶民には手を出せない、なんて思っていませんか? 「クルーズは高価な旅行」と思 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ひなだいふく